Main
<< オーダーメイドのスーツ
fab-space final
0



    16年だったと思います。先日、姫路のfab-spaceがクローズ。俺は店ができた頃から知ってるはずなんですけど。

    あの時から!って記憶がなく。笑

    気がついたらそこにあった。


    そんな感じでした。


    20:00から翌朝8:00頃まで、レゲエの時間にマイク解放もあるし、朝方バンドでやろうなんて話もありましたが、俺はグリーンワークスくんに頼んでヒップホップの枠でマイクを持たせてもらいました。


    まだ始めたての頃、それこそファブがオープンしたての頃は、イベントの深い時間でお客さんがまばらになる時間、よくDJに頭を下げてマイクもたせてもらってました。

    それぐらい出番に飢えてたし想いが強かったと思います。


    一旦は断られたんですけど。笑
    しばらくして、彼の方から声かけてくれました。感謝しかないですね。


    ほんとに久々で、ブースから先輩DJが手招きしてる映像がフラッシュバックして。。

    なんか感慨深かったです。


    子連れで参加してる子達がいるのが印象的でした。

    もう20年近くやってると、自分の居場所になってくれた大切なお店の閉店に何度も出会います。

    自分の、自分たちのせい。責任を感じずにはいられないことも多い。


    ここは俺のせいちゃうな。


    不思議な感じ、なんかそう思いました。笑


    数日後、時間が出来たので片付けも手伝って来ました。そんなのも初めてのことです。

    世話になったお店だから、ではなくバンドメンバーの手伝いがしたい。動機はそっちでした。


    バンドって不思議ですね。



    2018.05.05 Saturday,11:39
    | ZIGEN | 思うこと。 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    トラックバックURL
    http://onair.zigenkoubou.com/trackback/2220
    トラックバック